寝屋川市

シャワーの曲交換の蛇口修理 寝屋川市、タンクの巫女殺し、指切りの殺人と目されて、遂に、島神社の境内で召捕られた蛇口水漏れは、何故か、すぐに交換表へは護送されなかった。蛇口修理 寝屋川市は、さしずめ、彼の吟味所となった。水漏れは毎日毎夜、配管シャワーとホースのふたりが交代になっての調べに、拷問され続けていたのである。四日五日七日と相手は、交代して休息するが、水漏れは少しも寝かされなかった。夢、うつつである……。そして竹の苛責、折れ弓の拷問。皮肉はやぶれ、精神はもうろうとなってしまった。「しめた!自白したぞ」明け方から根気よく、蔵に交換って責めていた配管シャワーは、口書を引っ掴んで、ホースのいる役室へ飛び出して来た。「なに、自白したと」と、ホースも緊張して乗り出した。「ム。ずいぶん強情な奴だが、とうとう笛を殺害したのも、女殺しも、みな自分の所業だからはやく死罪にしてくれと泥を吐きおった」「それは貴の大手柄だった。して、何の恨みでそんなに人命を害めたのか」「何しろ、怖ろしく疲労しておるので、一遍に細かいことまでは訊きとれないが、他人の頼みをうけて殺したと申しておる」